楽市楽座株式会社

タイトルイメージ

ご挨拶

日本経済の閉塞感、中小企業の経営環境の厳しさ、市場の不活化の状況から、私たちはこの環境を変えるために、何かを為さないといけないと思い、この【楽市楽座ファンド1号】の組成を決意致しました。

ベンチャー企業を育て、市場を活性化し、その結果として、優良企業が育つ一助をこの【楽市楽座ファンド1号】に思いを託し、組成をしました。

発起人一同

EVOLUTION JAPAN証券 WizBiz株式会社 澤田秀雄 株式会社 東広 
  株式会社 パブリックトラスト

(五十音順) 

詳しく見る

楽市楽座ファンド1号とは

樹木の写真

長らく景気後退が続く中、この逆風をチャンスと捉え事業拡大に意欲を燃やす積極果敢な経営者は数多く存在し、大きな可能性を秘めています。

一方で、国内にある1400兆円の個人金融資産の1割を占めると言われるハイリスクハイリターンを求める資金がこうした企業に投資される機会はほとんどありません。むしろ、ベンチャー企業株はしばしば詐欺事件の温床として捉えられ個人投資家からは敬遠されがちです。

しかしこうした詐欺事件を起こす企業は極めて稀で、大多数は真摯に事業の拡充に打ち込む真面目な企業であり経営者です。それにも関わらずこうした将来性のある真面目な企業の情報が投資家のもとに届きにくいという情報のギャップがベンチャー企業株の活性化を阻んでいます。

 

詳しく見る

新着情報

JEENS

Public Trust

WizBiz